2つ目のフロー作成

今回はもう少し有益なフローを作成するために外部ソースからデータを取り込むフローを作成します。

  • 外部Webサイトへアクセスします
  • いくつかの情報を取得します
  • 情報を読み込んで有用な状態に変換します

1. Injectノードの追加

以前の例ではボタンクリックでフローが開始されるような設定を行いました。 この例では一定間隔で自動的にフローが開始されるように設定します。

パレットからワークスペース上にInjectノードをドラッグします。

配置したInjectノードをダブルクリックすると設定ダイアログが開きます。毎日5分間隔にセットして定期実行を設定します。

完了ボタンをクリックして設定ダイアログを閉じます。

2. HttpRequestノードの追加

HttpRequestノードを使ってWebページの内容を取得することができます。

ノードを配置後に設定ダイアログのURL項目に以下をセットします。

https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/feed/v1.0/summary/significant_week.csv

ノードの名前項目には解りやすい任意の名前をセットすることができます。

これはアメリカ地質調査所のウェブサイトの、最新7日間での大きな地震のフィードです。 このフィードには様々なオプションが存在しています。詳しくはhttps://earthquake.usgs.gov/earthquakes/feed/v1.0/csv.phpをご覧ください。

3. CSVノードの追加

CSVノードを配置してプロパティを編集し、以下のようにチェックマークを入れます。

Input - [x] 1行目に列名を含む

4. Debugノードの追加

Debugノードを追加します。

5. すべてのノードをワイヤーで接続

  • ワイヤーでInjectノードの出力ポートとHttpRequestノードの入力ポートを接続します
  • ワイヤーでHttpRequestノードの出力ポートとCSVノードの入力ポートを接続します
  • ワイヤーでCSVノードの出力ポートとDebugノードの入力ポートを接続します

7. Switchノードの追加

  • CSVノードの出力ポートにSwitchノードをワイヤーで接続
  • プロパティをmsg.payload.magに設定
  • 条件句を>=に、値を7に設定

8. Changeノードの追加

  • Switchノードの出力ポートにChangeノードをワイヤーで接続
  • ノードを値の代入とし、msg.payloadPANIC!を設定

9. Debugノードの追加

DebugノードをChangeノードの入力ポートにワイヤーで接続

10. デプロイ

この時点で、エディタにはサーバにデプロイされるべきノードのみが 存在しています。

デプロイボタンをクリックします。

サイドバーのデバッグタブを選択(Ctrl-Space、またはドロップダウンメニューからデバッグタブをクリック)して Injectボタンをクリックします。次のような内容のエントリが表示されます。:

msg.payload : Object
{"time":"2017-11-19T15:09:03.120Z","latitude":-21.5167,"longitude":168.5426,"depth":14.19,"mag":6.6,"magType":"mww","gap":21,"dmin":0.478,"rms":0.86,"net":"us","id":"us2000brgk","updated":"2017-11-19T17:10:58.449Z","place":"68km E of Tadine, New Caledonia","type":"earthquake","horizontalError":6.2,"depthError":2.8,"magError":0.037,"magNst":72,"status":"reviewed","locationSource":"us","magSource":"us"}

それぞれのプロパティの左にある小さな矢印をクリックすることで、プロパティを開いて内容を確認できます。

マグニチュード7以上の地震があった場合、以下のような出力も確認できます。

msg.payload : string(6)
PANIC!

それぞれのDebugノードの右端の緑色のボタンを利用して、特定のDebugノードのオンとオフを切り替えることができます。

11. まとめ

インターネットにアクセスして直近7日間での大きな地震リストを取得し、それぞれの詳細な情報(深さ、規模、位置など)についてJavaScriptオブジェクトに変換するフローを作成できました。また、条件句によってマグニチュード7以上の地震を確認することができ、警告を出力することもできました。


ソース

この例で作成したフローは以下のJSONで表されます。 JSONファイルを読み込みダイアログ(Ctrl-I、またはドロップダウンメニュー)で引き渡すことで 直接インポートすることができます。

[{"id":"e36406f2.8ef798","type":"inject","z":"f03b57d5.e525f8","name":"","topic":"","payload":"","payloadType":"str","repeat":"300","crontab":"","once":false,"x":130,"y":900,"wires":[["c3c50023.3bbed"]]},{"id":"c3c50023.3bbed","type":"http request","z":"f03b57d5.e525f8","name":"Recent Quakes","method":"GET","url":"https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/feed/v1.0/summary/significant_week.csv","tls":"","x":300,"y":900,"wires":[["8afc6cac.e0812"]]},{"id":"8afc6cac.e0812","type":"csv","z":"f03b57d5.e525f8","name":"","sep":",","hdrin":true,"hdrout":"","multi":"one","ret":"\\n","temp":"","x":470,"y":900,"wires":[["44779781.4190f8","6f0eb546.9e208c"]]},{"id":"44779781.4190f8","type":"debug","z":"f03b57d5.e525f8","name":"","active":true,"complete":false,"x":630,"y":900,"wires":[]},{"id":"6f0eb546.9e208c","type":"switch","z":"f03b57d5.e525f8","name":"","property":"payload.mag","propertyType":"msg","rules":[{"t":"gte","v":"7","vt":"num"}],"checkall":"true","outputs":1,"x":510,"y":960,"wires":[["d78d4aa8.8c8208"]]},{"id":"d78d4aa8.8c8208","type":"change","z":"f03b57d5.e525f8","name":"","rules":[{"t":"set","p":"payload","pt":"msg","to":"PANIC!","tot":"str"}],"action":"","property":"","from":"","to":"","reg":false,"x":650,"y":1020,"wires":[["72fddece.fac0d"]]},{"id":"72fddece.fac0d","type":"debug","z":"f03b57d5.e525f8","name":"","active":true,"complete":false,"x":750,"y":960,"wires":[]}]