• V
 

パレットにノードを追加する

Node-REDは有用なコアノードを一通り備えていますが、 Node-REDプロジェクトおよびより多くのコミュニティの両方からさらに多くのノードを入手することができます。

Node-REDライブラリで入手可能なノードを探すことができます。

エディタを利用する

メインメニューからパレットを管理するオプションを選択してパレットマネージャを開くことで、 エディタ内で直接ノードをインストールすることができます。

「現在のノード」タブはインストール済の全モジュールを一覧にしています。 どのノードを使用しているか、それらのどれかがアップデートできるかを示しています。

「ノードを追加」タブでは入手可能なノードモジュールのカタログを検索し、 インストールすることができます。

npmでインストールする

コマンドラインからノードモジュールをインストールするため、 ユーザデータディレクトリ(デフォルトでは$HOME/.node-red)内から以下のコマンドを利用することができます:

npm install <npm-package-name>

そして、新しいノードを見つけるためにNode-REDを再起動する必要があります。

npmの近年のバージョンは、 ユーザディレクトリ内のpackage.jsonファイルのdependenciesセクションに自動的にモジュールを追加します。

個々のノードファイルをインストールする

また、開発時にユーザディレクトリのnodesディレクトリに.js.htmlファイルをコピーすることで ノードをインストールすることができます。 このノードがnpm依存関係を持っていた場合、その依存関係もユーザディレクトリ内でインストールする必要があります。 これは開発目的のためだけに本当に推奨されます。

ノードをアップグレードする

ノードのアップデートを確認する最も簡単な方法はエディタでパレットマネージャを開くことです。 そして必要であればアップデートを適用することができます。

npmを利用することでコマンドラインからアップデートを確認することもできます。 ユーザディレクトリ~/.node-redで以下のコマンドを実行する:

npm outdated

これはアップデートを利用可能なモジュールを強調します。 モジュールの最新バージョンをインストールためには、以下のコマンドを実行します:

npm install <name-of-module>

どちらの方法でも、アップデートをロードするためにはNode-REDを再起動する必要があります。

Note : --unsafe-permオプションを使用する理由は、 node-gypはネイティブなライブラリをリコンパイルしようとするときに「nobody」ユーザとして実行しようとし、 特定の依存関係へのアクセスに失敗するからです。 これにより、問題のノード(たとえば、serialportノード)はインストールされません。 インストール時にルートアクセスを許可することで、 アップグレード時にノードを正しくインストールできます。