ノードの追加

Node-REDには有用なノードが標準で付属していますが、 Node-REDプロジェクト以外のコミュニティでも Node-REDにインストール可能なノードが日々作られています。

利用可能なノードはNode-REDライブラリnpm repositoryで探してみましょう。

エディタの使い方

バージョン0.15からはエディタ上でノードを管理することができます。 エディタ右上のメニューからパレットの管理を選択、続いてパレットのノードを追加タブを選択、ここでインストールしたいノードを検索してインストールすることができます。 また、パレットの現在のノードタブで既存ノードの有効/無効を切り替えることができます。

npmパッケージングされたノードのインストール方法

npmパッケージングされたノードをインストールするには、 ユーザデータディレクトリ内にローカルインストールします(デフォルトのユーザデータディレクトリ, $HOME/.node-red):

cd $HOME/.node-red
npm install <npm-package-name>

新しくインストールしたノードを反映するにはNode-REDを停止し、再起動する必要があります。

ノードファイルを配置してインストールする方法

開発時には、ノードの.jsおよび.htmlファイルをユーザデータディレクトリ内のnodesディレクトリにコピーすることで ノードをインストールすることも可能です。 これらのノードがnpm依存関係を持っている場合、依存しているnpmパッケージもユーザデータディレクトリ内にインストールされている必要があります。 これはノード開発時のみ推奨されます。