• V
 

設定

Node-REDを設定するために以下のプロパティが利用できます。

一般的なアプリケーションとして実行するとき、設定ファイルから設定をロードします。 設定ファイルについてのさらなる情報そしてそれがどこにあるのかについては、このガイドを読んでください。

[組込みアプリケーション]として実行するとき、を設定オプションはRED.init()という呼び出し関数に渡されます。 しかしこの場合の実行時には、特定のプロパティは無視され、 組込みアプリケーションの実装に依存します。

Node-RED実行時の設定

flowFile
フロー設定をファイルに保存する場合のファイル名です。デフォルト: flows_<hostname>.json
userDir
フロー設定、資格情報ファイルおよびすべてのライブラリデータなどすべてのユーザデータを保存するためのディレクトリのパスです。 デフォルト: $HOME/.node-red
nodesDir
自作のノードなど、追加でイントールしたノードを探索するディレクトリのパス。Node-REDはuserDirディレクトリ以下のnodesディレクトリを探索します。 このプロパティはNode-REDのインストール機構以外からインストールされたノードなどのため、Node-REDが探索をおこなう追加のディレクトリを指定します。 ここで指定したディレクトリ内にノードの.js.htmlファイルを配置するとNode-REDのパレットに表示されるようになります。Node-REDの外部のパスも指定できます。 デフォルト: $HOME/.node-red/nodes
uiHost
接続を待機するホストインタフェースです。デフォルト: 0.0.0.0 - 全てのIPv4インタフェース.

スタンドアローンのみ.

uiPort
エディタUIを提供するために利用するポート番号です。デフォルト: 1880.

スタンドアローンのみ.

httpAdminRoot
エディタUIのためのルートURLです。falseが設定されている場合、すべての管理エンドポイントが無効になります。 これにはAPIエンドポイントとエディタUIの両方が含まれます。エディタUIのみを無効にするためには、以下のdisableEditorプロパティを参照してください。デフォルト: /
httpAdminAuth
非推奨: adminAuthを参照してください。

エディタUIのHTTPベーシック認証を有効にします。:

httpAdminAuth: {user:"nol", pass:"5f4dcc3b5aa765d61d8327deb882cf99"}

passプロパティは実際のパスワードのmd5ハッシュ値を指定します。上記の例では実際にBasic認証ダイアログへ入力するパスワードはpasswordという文字列になります。以下のコマンドを実行することによってハッシュ値が得られます。:

node -e "console.log(require('crypto').createHash('md5').update('YOUR PASSWORD HERE','utf8').digest('hex'))"

スタンドアローンのみ.

httpAdminMiddleware
an HTTP middleware function, or array of functions, that is added to all admin routes. The format of the middleware function is documented here.
httpAdminMiddleware: function(req,res,next) {
    // Perform any processing on the request.
    // Be sure to call next() if the request should be passed on
}
httpNodeRoot
HTTP InノードのHTTPエンドポイントのルートURLを指定できます。falseが設定されている場合、すべてのノードのHTTPエンドポイントは無効になります。デフォルト: /
httpNodeAuth
HTTP InノードのHTTPエンドポイントにBasic認証を設けます。書式はhttpAdminAuthを参照してください。
httpRoot
管理およびノードのエンドポイントの両方のルートURLを設定します。httpRootを指定するとhttpAdminRoothttpNodeRootを同じパスで上書きします。
https
こちらで定義されている 指定されたoptionsオブジェクトでHTTPSを有効にします。

スタンドアローンのみ.

disableEditor
trueを指定するとフローエディタが無効になります。httpAdminRootfalseにした場合はUIもAPIも無効になりますが、こちらはUIのみ無効になります。デフォルト: false
httpStatic
静的ウェブコンテンツの提供元となるローカルディレクトリのパスです。 コンテンツはトップレベルURL、つまり/から提供されます。例えば/home/username/.node-red/と指定した場合、/home/username/.node-red/index.htmlを作成すると/へアクセスすると作成したindex.htmlが表示されます。 httpStaticを指定する場合、/ではないパスでエディタUIを利用できるようにするため、httpAdminRoot/より下層のパスにする必要があります。

スタンドアローンのみ.

httpStaticAuth
静的コンテンツにBasic認証を設けます。書式はhttpAdminAuthを参照してください。
httpNodeCors
HTTP InノードのHTTPエンドポイントのCross-Origin Resource Sharing (CORS) を有効にします。 詳細はこちら
httpNodeMiddleware

HTTP InノードのHTTPエンドポイントにHTTPミドルウェア機能、またはその機能の配列を追加できます。これにより、認証などノードに必要なカスタム処理がすべて可能になります。 ミドルウェア機能の形式はこちらで文書化されています。 HTTPエンドポイントでセッションとクッキーのハンドラを利用したい場合は以下のように設定します。

httpNodeMiddleware: function(req,res,next) {
    // Perform any processing on the request.
    // Be sure to call next() if the request should be passed
    // to the relevant HTTP In node.
}
logging
現在コンソールログのみがサポートされています。以下のオプションでロギングの様々なレベルを指定することができます。
  • fatal - アプリケーションが使用できなくなるような致命的エラーのみを記録
  • error - 特定のリクエストで致命的と判定されるエラー + fatalを記録
  • warn - 致命的でない問題の警告 + error + fatalを記録
  • info - アプリケーションの一般的な実行に関する情報 + warn + error + fatalを記録
  • debug - infoより詳細な情報 + info + warn + error + fatalを記録
  • trace - 非常に詳細な情報 + debug + info + warn + error + fatalを記録

デフォルトのレベルは info です。限られたフラッシュストレージの組込みデバイスではディスクへの書き込みを最小限にするために fatal を設定することもできます。

externalModules
Configure how the runtime will handle external npm modules. This covers:
  • whether the editor will allow new node modules to be installed
  • whether nodes, such as the Function node are allowed to have their own dynamically configured dependencies.

The allow/denyList options can be used to limit what modules the runtime will install/load. It can use * as a wildcard that matches anything.

externalModules: {
   autoInstall: false,
   autoInstallRetry: 30,
   palette: {
      allowInstall: true,
      allowUpload: true,
      allowList: [],
      denyList: []
   },
   modules: {
      allowInstall: true,
      allowList: [],
      denyList: []
   }
}

フローエディタの設定

adminAuth
エディタと管理APIにユーザレベルセキュリティを有効化することができます。 詳細な情報はNode-REDをセキュアにするを確認してください。
paletteCategories
フローエディタのパレットのカテゴリの順序を設定します。 カテゴリがリストにない場合はパレットの最後に追加されます。 設定されていない場合、以下のデフォルトの順序が利用されます。
['subflows', 'common', 'function', 'network', 'sequence', 'parser', 'storage'],

Note: サブフローを作成するまでサブフローカテゴリは空のままで、 パレットには表示されません。

エディタテーマ

エディタのテーマは次の設定オブジェクトを使用して変更することができます。すべての項目はオプションです。

editorTheme: {
    page: {
        title: "Node-RED",
        favicon: "/absolute/path/to/theme/icon",
        css: "/absolute/path/to/custom/css/file",
        scripts: [ "/absolute/path/to/custom/script/file", "/another/script/file"]
    },
    header: {
        title: "Node-RED",
        image: "/absolute/path/to/header/image", // or null to remove image
        url: "http://nodered.org" // optional url to make the header text/image a link to this url
    },
    deployButton: {
        type:"simple",
        label:"Save",
        icon: "/absolute/path/to/deploy/button/image" // or null to remove image
    },
    menu: { // Hide unwanted menu items by id. see packages/node_modules/@node-red/editor-client/src/js/red.js:loadEditor for complete list
        "menu-item-import-library": false,
        "menu-item-export-library": false,
        "menu-item-keyboard-shortcuts": false,
        "menu-item-help": {
            label: "Alternative Help Link Text",
            url: "http://example.com"
        }
    },
    userMenu: false, // Hide the user-menu even if adminAuth is enabled
    login: {
        image: "/absolute/path/to/login/page/big/image" // a 256x256 image
    },
    logout: {
        redirect: "http://example.com"
    },
    palette: {
        editable: true, // *Deprecated* - use externalModules.palette.allowInstall instead
        catalogues: [   // Alternative palette manager catalogues
            'https://catalogue.nodered.org/catalogue.json'
        ],
        theme: [ // Override node colours - rules test against category/type by RegExp.
            { category: ".*", type: ".*", color: "#f0f" }
        ]
    },
    projects: {
        enabled: false // Enable the projects feature
    }
},

ダッシュボード

ui
Node-RED-DashboardアドオンNodeのホームパスを指定できます。 これはhttpNodeRootの相対パスとなります。

ui : { path: “mydashboard” },

Nodeの設定

独自のNode Typeはファイルで提供される独自の設定を定義することができます。

functionGlobalContext
Functionノード - グローバルファンクションコンテキストに加えるオブジェクトの一覧です。 例えば、
functionGlobalContext: { osModule:require('os') }

Functionノード内で以下のようにアクセスすることができます:

var myos = global.get('osModule');
Note : Node-RED v0.13以前のドキュメントでは、 グローバルコンテキストにアクセスする方法はcontextのサブプロパティを参照する方法でした。:
context.global.foo = "bar";
 var osModule = context.global.osModule;
この方法はまだサポートされていますが、非推奨であり、global.get/global.set でのアクセスが推奨されます。この方法で保存されたデータは再起動後には取得できず、サイドバーのコンテキストビューアには表示されません。
functionExternalModules
trueにセットすると、Function ノードの設定タブで、関数として使うことができる追加モジュールを追加できるようになります。詳しくは、 Functionノードの書き方 を参照してください。デフォルト: false.
debugMaxLength
DebugノードでサイドバーのDebugタブに表示される最大文字数を指定します。 デフォルト: 1000
mqttReconnectTime
MQTTノードの接続が切断された場合に再接続を試行するまでの待機時間(ミリ秒)。 デフォルト: 5000
serialReconnectTime
Serialノードの接続が切断された場合に再接続を試行するまでの待機時間(ミリ秒)。 デフォルト: 5000
socketReconnectTime
TCPノードの接続が切断された場合に再接続を試行するまでの待機時間(ミリ秒)。 デフォルト: 10000
socketTimeout
TCPノードのソケットのタイムアウト時間(ミリ秒)。 デフォルト: 120000