コントリビュータ行動規範

誓約

オープンで友好的な環境を促進するために、私たちコントリビュータでありメンテナは、 私たちのプロジェクトおよびコミュニティへの参加を、年齢、体格、身体障害、民族、ジェンダーアイデンティティおよび表現、経験のレベル、国籍、個人的な外見、人種、宗教、または性的同一性および指向に関係なく、 誰もがハラスメントを受けることがないようにすることを誓います。

規範

良い環境の構築に貢献する行動の例は以下のとおりです。

  • 友好的で開放的な言葉を使う
  • 異なる視点や経験を尊重する
  • 建設的な批判を潔く受け入れる
  • コミュニティにとって何が最善なのかに焦点を当てる
  • 他のコミュニティメンバーに共感を示す

参加者による容認できない行動の例は次のとおりです。

  • 性的表現を含む言葉または画像の使用および敵対的な性的注意および誘惑
  • 荒らし行為、侮蔑的/中傷的なコメント、個人的または政治的攻撃
  • 公的または私的なハラスメント行為
  • 明示的な許可なしに、他者の実際の住所や電子的なアドレスなど個人情報の公開
  • 職業的に不適切と見なされる可能性があるその他の行為

責任

プロジェクトメンテナは容認される行動基準を明確にする責任があり、 容認されない行為が発生した場合、適切かつ公正な是正措置を講じることが求められます。

メンテナは、行動規範に沿っっていないコメント、コミット、ソースコード、wikiの編集、issueおよびその他のコントリビュートを 削除、編集または却下、あるいはその他不適切、脅迫的、攻撃的または有害な行為をしたコントリビュータを一時的もしくは恒久的に禁止する権限と責任を持ちます。

適用範囲

この行動規範は、個人がプロジェクトまたはそのコミュニティを代表しているとき、 プロジェクトスペース内および公共スペース内の両方において適用されます。 個人がプロジェクトやコミュニティを代表している例には、公式プロジェクトのEメールアドレスの使用、 公式SNSアカウントを介した発言またはオンラインおよびオフラインでのイベントで任命された代表としての行動が含まれます。

執行

虐待的、ハラスメント的またはその他容認されない行為は、プロジェクトチーム[email protected] に連絡される場合もあります。すべての告発は調査され、必要かつ状況に適しているとみなされる対応がなされます。 プロジェクトチームは、事態の報告者に関する機密性を維持する義務を負います。さらに詳細な具体的な執行方針は個別に掲載されるかもしれません。

この行動規範に誠意を持って従わない、または執行しないメンテナはプロジェクトの他の指導的立場にあるメンバによって一時的もしくは恒久的な措置を受ける可能性があります。

帰属

この行動規範は、Contributor Covenantのversion 1.4に適合しており、 http://contributor-covenant.org/version/1/4において確認することができます。