Fileストア

バージョン0.19の新機能

ローカルファイルシステムのコンテキストストアはコンテキストデータをローカルファイルに保持します。 デフォルトでは、コンテキストデータをメモリに格納し、同期的アクセスも非同期的アクセスも許可します。

キャッシュモードはdisabledになっている場合は、非同期アクセスのみをサポートします。

設定

ファイルストアを作成する際、次の設定が利用できます。

contextStorage: {
   default: {
       module:"localfilesystem",
       config: {
           // see below
       }
   }
}

オプション

ファイルストアは次に示す設定オプションが指定できます:

オプション 説明
dir 保存先の base となるディレクトリ。デフォルトではユーザディレクトリ ~/.node-red となる
base コンテキストデータを格納するベースディレクトリ。デフォルトでは "context"
cache コンテキストをキャッシュするかどうか。デフォルトでは true
flushInterval キャッシュが有効な場合、ストレージへの最小書き込み間隔。秒数表記となり、デフォルトでは 30

file コンテキストストアのデフォルト設定は、~/.node-red/context ディレクトリを使用し、 キャッシュが有効になっており、30秒ごとにストレージへ書き込みます。

Raspberry PiのSDカードでの利用など、flushInterval はストレージへの利用を最小限に抑えるため利用できます。 ただ、Node-REDが予期せずkillされると、flushされていないデータは消えることに注意してください。

実装の詳細

このコンテキストストアは、コンテキストスコープごとに別々のファイルを使用します。 トップレベルには各フローのスコープと1つのグローバルスコープのディレクトリがあります。 各フロースコープのディレクトリ内に、フロースコープを含む flow.json と、各ノードコンテキストのファイルです。

   $HOME/.node-red/context
     ├── global
     │     └── global.json
     ├── <id of Flow 1>
     │     ├── flow.json
     │     ├── <id of Node a>.json
     │     └── <id of Node b>.json
     └── <id of Flow 2>
           ├── flow.json
           ├── <id of Node x>.json
           └── <id of Node y>.json