フロー

フローはエディタのワークスペース内でタブとして表現され、 ノードをまとめる主な方法です。

Flow tabs

フロータブ

Note : 「フロー」という単語は連結したノードの1セットを口語的に指すこともあります。 つまり、フロー(タブ)は複数のフロー(連結したノードの複数セット)を持つことができます。

それぞれのフローは名前と情報サイドバーに表示される詳細を持つことができます。

フロー内のすべてのノードは同じフロースコープのコンテキストにアクセスすることができます。

フローを追加する

フローを追加するには、上部バーの ボタンをクリックするか、タブバーの空いているスペースをダブルクリックします。

リファレンス
ショートカットキーなし
メニューオプションフロー -> フローを新規追加
動作core:add-flow

フローの並び順を変更する

フローはワークスペースのタブバー内でタブをドラッグ&ドロップすることにより並び順を変更できます。

フロープロパティを編集する

Flow properties editor

フロープロパティエディタ

Information Sidebar

情報サイドバー

フローのプロパティを編集するには、上部バーのタブをダブルクリックします。 この操作でフロープロパティダイアログが開きます。

リファレンス
ショートカットキーなし
メニューオプションフロー -> フロー名を変更
動作core:edit-flow

ダイアログ内では、フロー名と詳細を設定できます。 詳細は整形のためにMarkdownシンタックスを利用することができ、情報サイドバーに表示されます。

フローを有効化または無効化する

フローは、ダイアログの最下部のトグルボタンによって有効化・無効化できます。 フローが無効化されていれば、 ノードはがデプロイされたときに、フロー内のノードは作成されません。

Since Node-RED 1.1.0

情報サイドバーボタンはノード/フローの有効化または無効化をおこなうこともできます。

リファレンス
ショートカットキーnone
メニューオプションnone
動作core:enable-flow
リファレンス
ショートカットキーnone
メニューオプションnone
動作core:disable-flow


フローを削除する

フローを削除するには、フロープロパティダイアログで「削除」ボタンをクリックします。

リファレンス
ショートカットキーなし
メニューオプションフロー -> フローを削除
動作core:remove-flow
Search flows

Search flows

フローを切り替える

有効なフローのリストを表示するには、バー上部の ボタンをクリックします。

リファレンス
ショートカットキーCtrl/⌘-Shift-f
メニューオプションnone
動作core:list-flows
リファレンス
ショートカットキーCtrl/⌘-[
メニューオプションnone
動作core:show-previous-tab
リファレンス
ショートカットキーCtrl/⌘-]
メニューオプションnone
動作core:show-next-tab