ワイヤー

Node elements

ノードを繋ぐ

ノードのポートでマウスの左ボタンを押し、目的のノードまでドラッグしてマウスを放すことで、 ノード同士を接続することができます。

また、Ctrl/Commandキーを押したままにした場合、 ノードのポート上でマウスの左ボタンをクリック(そして放して)目的のノードをクリックすることでも接続できます。 Ctrl/Commandキーを押したままにし、接続する目的のノードが出力ポートを持っていた場合、 新しいワイヤーはそのノードから開始されます。 これによって一連のノードを素早く繋げることができます。

これもワークスペース上でCtrl/Command-Clickによって呼び出される、 クイック追加ダイアログと組み合わせることができ、 素早く新しいノードを追加し、フロー内で前のノードと繋げることができます。

ワイヤーに割り込む

入力ポートと出力ポートの両方を持つノードをワイヤーの中間にドラッグした場合、 ワイヤーが破線で描画されます。 このときノードをドロップすると、自動的にその位置でノードが挿入されます。

ワイヤー上でノードをドロップしてフローの中間に挿入する

ワイヤーを動かす

ポートからワイヤーを切断するには、ワイヤーをクリックすることで選択状態にし、 そのポート上でマウスの左ボタンを押したときにShiftキーを押し続けます。 そしてマウスをドラッグすると、ポートからワイヤを切断して他のポートにドロップできます。 ワークスペース上でマウスボタンが放された場合、 ワイヤーは削除されます。

もしポートが複数のワイヤーを持っていた場合、 Shiftキーを押したままボタンを押したときにどのワイヤーも選択されていなければ、すべてのワイヤーが移動します。

ワイヤーを削除する

ワイヤーを削除するためには、まずワイヤーをクリックして選択し、Deleteキーを押します。